お電話でのお問い合わせは 03-5730-3900

治療について 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

TOP > 治療について > インプラント

インプラント 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

インプラントで失った歯を取り戻しましょう!

インプラントは従来の歯科治療に比べると高度な技術が必要です。担当医とよくご相談の上治療を始めていただき、自然で美しい笑顔とともに 充実した生活をお送り下さい。

インプラントとは?

インプラントとは?・イラスト 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニックインプラント治療とは、失った歯の代わりに、歯茎に人口歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。 このインプラント治療によって、自分の歯と殆ど変わらない自然な感覚を取り戻す事ができます。


インプラントの利点・欠点

入れ歯、ブリッジとの比較
虫歯や歯周病などで大切な自分の歯を失った場合、その治療法として、取り外しの入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。
取り外しの総入れ歯や部分入れ歯は、治療期間が短い、材料によって健康保険が適用できるという利点がある反面、 取り外しの煩わしさがある、ガタガタ動きやすく痛い、硬いものが安心して噛めない、味覚が落ちる、金属のバネが見えて気になるなどの欠点があります。
ブリッジも同様に、治療期間が短く材料によって健康保険が適用できる利点があるものの、ブリッジを作るために健康な歯を削られてしまう、 ブリッジを支えている歯に負担がかかり寿命を縮めやすいという欠点があります。
インプラント治療の場合には、治療期間がやや長い、健康保険が適用されないという欠点がありますが、それに余りある利点があります。

インプラントのメリット

  • ガタつきが無く自分の歯と同じように硬いものをしっかり噛める
  • 咬み心地が自然で味覚や温感も変わらない
  • 健康な自分の歯を削っていためる必要がない
  • きちんとケアすれば長持ちする
  • 見た目が自然できれい ・心理的な違和感から開放される
  • インプラントが噛む力を支えるので、残った自分の歯の負担を軽減してくれる。つまり、大切な自分の歯を長持ちさせる
  • 咬む刺激が伝わり顎の骨が衰えない

インプラントの材質

インプラントは生体との親和性高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的な研究からインプラントの材料として 最も安全であり、また顎の骨と結合することが確認されています。インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した 歯を作ることができます。

インプラント治療の流れ

治療計画
インプラント治療には、インプラント手術が可能かどうか綿密な検査と治療計画が必要です。
先ず、体がある程度健康である事が条件です。ただし、高血圧や糖尿病などの病気があっても、内科的にきちんとコントロールされていれば 問題ありません。重度の歯周病や虫歯などがあれば事前に治療しておく必要があります。
レントゲンや必要によってはCT検査を行い、インプラントの埋め込み位置や本数を計画します。 この治療計画を立てる段階が非常に大切で、確固たる知識や経験、そして技術が不可欠です。
インプラントの埋め込み手術の日程が決まれば、そのための準備として、お口の中のクリーニングや術後の注意事項のご説明などを聞いて頂きながら 手術日を待ちます。

治療計画・イラスト1 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック治療計画・イラスト2

 

インプラントの埋め込み手術
手術は、、数十分から1時間ほどで済むので安心です。顎の骨の質や量の違いによって、埋め込まれたインプラントに 人工の歯を取り付けることができる時期には個人差が生じます。早ければ即日に、場合によっては数ヶ月待ってからという事もあります。

インプラントの埋め込み手術・イラスト1 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

インプラントの埋め込み手術・イラスト2 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

インプラントの埋め込み手術・イラスト3 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

インプラントの埋め込み手術・イラスト4 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

メンテナンス
人工の歯を取り付けた後は、自分の歯と同じように毎日の歯磨きが大切です。インプラントの形を理解した上で確実なブラッシングきを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。定期的に検診を受けることも大切です。しっかりとメンテナンスを行えば40年経っても問題なく機能している実績があります。

メンテナンス・イラスト2 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック

インプラント治療における麻酔の役割

手術室の設備、手術時の麻酔の技術を高レベルで提供しています。
インプラント治療は、麻酔をかけた状態で行います。 麻酔の方法は、『静脈鎮静法』と、『局所麻酔』です。 静脈鎮静法とは、点滴により全身を麻酔レベルに保つための方法で、これにより、患者様は半分眠って半分覚醒の状態になります。
よって、治療の間は、半分眠っているような状態になり、記憶などはあまりありません。 局所麻酔は、実際、治療する部分の歯茎に注射する方法で、これらにより患者様は痛みを全く感じなくなります。
この2つの麻酔法は、インプラント治療のように高度な治療時には、成功を左右します。 麻酔の効きが正確でないと、出血などが多くなったり、患者様に痛みを与えたりしてしまいます。

手術室の設備

手術室は、安全な手術を遂行するための設備を整えています。

■無影灯
無影灯・イラスト 港区の麻布インプラントセンター|元麻布ヒルズデンタルクリニック手術室には無影灯を完備しています。クリーンな空気を遮ることなく、乱流を防止した構造を有した無影灯です。卓越した無影効果と 深部照射効果を実現しています。 手術中の安全性を高めるためには、必要不可欠な器具です。

■電子エアクリーナー
チリについた細菌を電子の力で除去。浮遊している細菌をオゾンの力で除去。ニオイを活性炭と消臭剤で除去。 0.01ミクロンという微細なウィルスやバクテリアまでも集じんが可能なエアクリーナーで、完璧なクリーンルームを作っています。

■完全滅菌された手術機材
手術に使う器具はすべて、一つ一つ滅菌し、密封してから使用します。手術セットとして、一人一人の患者様に安全な手術ができるよう整えています。